※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 掛軸 一行「平常心是道」 小堀卓巌

Buyee対応品

通常価格:¥ 25,000 税込

¥ 25,000 税込

商品コード: U-kz01001

数量

分類【出物】
作家小堀卓巌
書付
寸法全長175cm 幅31cm(軸先除く)
重さ
状態A- 全体に薄いシミあり
A- シミあり
検索用タグ掛軸 一行 小堀卓巌 京都(禅僧) 無季 
大徳寺塔頭孤篷庵の先代である小堀卓巌和尚の筆で「平常心是道」です。季節を問わずに普段のお稽古から掛けておくのにとても良い文言です。
状態としては全体的に薄くシミが出ています。床の間に掛けてはそこまで目立ちはしないかと思います。共箱にも全体的にシミがあります。

平常心是道:平常心(びょうじょうしん)是(ぜ、これ)道(どう、みち)

普段のあたりまえの心こそが道であるという意味。道とは何か特別なものではない。日常生活そのものに他ならず、何の造作も加えないたった今の心こそが悟りであるという事。利休の言葉にも「茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなるものとこそ知れ」とある。

小堀卓巌

大徳寺塔頭 孤篷庵

昭和6年(1931)〜平成29年(2017)

昭和28年(1953)孤篷庵小堀実道和尚に就き修行。昭和42年(1967)、孤篷庵住職となる。