※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 模乾山冨士茶碗 白井半七

Buyee対応品

通常価格:¥ 80,000 税込

¥ 80,000 税込

商品コード: U-tw00985

数量

分類【出物】
作家白井半七
書付
寸法直径11.1cm 高さ6.3cm
重さ248g
状態A 無傷完品
A 時代なり
検索用タグ茶碗 白井半七 兵庫 乾山写 無季 富士山 動画 
白井半七のお茶碗の中でも有名で人気のある手の乾山写冨士茶碗です。「白扇倒懸東海天(はくせんさかしまにかかるとうかいのてん)」と富士山を称える文言が入っています。
無傷完品できれいな状態です。共箱も時代なりで問題はありません。

白井半七

起こりは江戸、今戸焼で土風炉、雲華焼の制作に代々従事した。今戸焼、もしくは隅田川焼と称される。後に兵庫県に移り、以降半七焼と称される。現在は廃窯。

7代:安政4年(1857)〜昭和8年(1933)

関東大震災に被災後、兵庫県に移住する。

8代:明治31年(1898)〜昭和24年(1949)

昭和14年(1939)宝塚に窯を移す。半七として初めて乾山写を手掛け、名工として誉れ高い。

9代:昭和3年(1928)〜昭和62年(1987):先代と同様乾山写を得意とし、注文で高級料亭の食器なども手掛けた。