※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 鵬雲斎好銀杏蓋置 13代宮崎寒雉

Buyee対応品

通常価格:¥ 30,000 税込

¥ 30,000 税込

商品コード: U-ho00948

数量

分類【出物】
作家13代宮崎寒雉
書付
寸法直径5.5cm 高さ4cm
重さ64g
状態A 無傷完品
A 時代なり
検索用タグ蓋置 宮崎寒雉 石川 裏千家 無季 銀杏 写物 動画 
鵬雲斎好の写である銀杏蓋置です。作は本歌の通り宮崎寒雉です。裏千家の印である銀杏を三つつなげた蓋置です。好物ですので流儀の方には使いやすい蓋置となっています。
状態は無傷完品で使用感も無く大変良い状態です。共箱は時代なりです。

13代宮崎寒雉

石川県 釜師・金工師

宮崎寒雉家は能登国(現石川県)の鋳物師を祖先とする家で、初代寒雉が裏千家4代仙叟に師事したことから金沢で茶の湯釜制作に携わることとなる。以後代々裏千家歴代の好釜を多く制作している。

12代:明治13年(1880)〜昭和39年(1964)

11代宮崎寒雉の長男。昭和36年(1961)鋳工技術(茶の湯釜)で石川県指定無形文化財保持者に認定される。

13代:大正4年(1915)〜平成6年(1994)

昭和39年(1964)13代寒雉を襲名。

14代(当代):昭和15年(1940)〜

13代寒雉の長男として生まれる。昭和39年(1964)より家業を継いで釜師となり、12代、13代寒雉に師事。平成6年(1994)14代寒雉を襲名。