※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 紅富士蒔絵黒大棗内銀溜 前端春斎 【うぶ口品】

Buyee対応品

通常価格:¥ 50,000 税込

¥ 50,000 税込

商品コード: U-nt00898

数量

分類【出物】
作家前端春斎
書付
寸法直径7.9cm 高さ7.6cm
重さ92g
状態A 美品
A 時代なり
検索用タグ 前端春斎 石川 山中塗 無季 富士山 慶事 正月 動画 
前端春斎作で紅富士蒔絵黒大棗内銀溜です。赤富士のおめでたい雰囲気の大棗です。全体としてとても華やかな雰囲気でお正月などおめでたい時にぴったりのお棗です。
使用品である以上仕方のない範囲で使いスレはありますが、目立つような傷はなく美品と言えます。共箱も時代なりです。紙の外箱がありますが、以前の所有者による書き込みがあります。

前端春斎

石川県 漆芸

初代 前端春斎:生没年不明

2代 前端雅峯:昭和11年(1936)〜

初代春斎の長男として生まれる。12歳ころより蒔絵を学ぶ。昭和36年(1961)茶道具を塗師・村田道寛、加賀蒔絵を保谷美成に師事し、本格的に漆芸の道に進む。

3代 前端春斎:昭和39年(1964)〜

前端雅峯の長男として生まれる。父に師事し、保谷美成のもとで加賀蒔絵を学ぶ。昭和60年(1985)3代春斎を襲名。