※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 掛軸 一行「松無古今色」 堀内宗心

通常価格:¥ 50,000 税込

¥ 50,000 税込

商品コード: U-kz00832

数量

分類【出物】
作家堀内宗心
書付
寸法全長188cm 幅31.1cm(軸先除く)
重さ
状態A- 若干汚れ、表装にシミあり
A 時代なり
検索用タグ掛軸 一行 堀内宗完(宗心、兼中斉) 京都(家元関係) 表千家 無季  
表千家の宗匠である堀内宗心(兼中斎)の宗心になってからの掛軸です。かなり多くの掛軸等を書かれた方ですが、宗心になってからの物のほうが少ないでしょう。語句も良く、季節を問わずに使いやすい一行です。
目立つようなシミ、折れはありませんが、「松」字のあたりに擦ったような汚れが少し見られます。また、表装の上部と下部に少しシミがあります。共箱は時代なりできれいです。紙の外箱があります。

松無古今色:松に古今の色無し(まつぬここんのいろなし)

松の緑は今昔の別なく、四季を通じて青々としている様をたたえた語。人間の平等を説いた語。後に「竹有上下節」と続いて対句になり、前者は平等を、後者は差別を表す。平等即差別・差別即平等という真理を表すとされる。