※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 模赤絵呉須獅子戯毬図鉢 3代三浦竹泉(竹軒)

¥ 0 税込

商品コード: U-kk00764

こちらの商品は成約済みにより欠品です
類似商品をお探しの場合には上記関連カテゴリや下記表内の検索用タグより類似タグをご覧くださいませ
トップページはこちら、お問い合わせはこちらです

分類【出物】
作家3代三浦竹泉(竹軒)
書付
寸法直径20.4cm 高さ8.8cm
重さ696g
状態A 無傷完品
A 時代なり
検索用タグ菓子器  三浦竹泉 京都(陶芸) 赤絵 無季 獅子 懐石 動画 
京焼の名家3代三浦竹泉(のちの竹軒)作で模赤絵呉須獅子戯毬図鉢です。いわゆる赤絵玉取獅子の図柄です。白地というよりはやや灰がかった釉薬に赤絵が施され、全体に渋みのある風情ある鉢となっています。
状態は無傷完品できれいです。焼成時に出来た山キズがちょうど獅子の部分にありますが、あまり目立ちません。箱は時代なりできれいです。

3代三浦竹泉(竹軒)

京都府 陶芸

3代:明治33年(1900)〜平成2年(1990)

初代三浦竹泉の三男として生まれる。兄である2代竹泉の早逝により3代竹泉を継承する。昭和6年(1931)に2代の長男である4代に竹泉の名を譲ると、昭和9年(1934)には別家して竹軒を名乗った。

4代:明治44年(1911)〜昭和51年(1976)

2代竹泉の長男として生まれる。昭和6年(1931)4代目を襲名。

5代(当代):昭和9年(1934)〜

4代竹泉の長男として生まれる。大学卒業後、父4代竹泉に作陶を師事。昭和47年(1972)5代竹泉を襲名。