• 栗山園オンライン通販部はキャッシュレス・消費者還元事業登録店です。詳しくはこちらのリンクから。
※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 掛軸 一行「弄花香満衣」 橋本紹尚

過去取扱品

通常価格:¥ 0 税込

¥ 0 税込

商品コード: U-kz00512

こちらの商品は成約済みにより欠品です
類似商品をお探しの場合には上記関連カテゴリや下記表内の検索用タグより類似タグをご覧くださいませ
トップページはこちら、お問い合わせはこちらです

分類【出物】
作家橋本紹尚
書付
寸法全長176cm 幅30.3cm(軸先除く)
重さ
状態A 美品
A 時代なり
検索用タグ掛軸 一行 奈良   1月 2月 3月 4月 5月  
柳生芳徳寺住職の紹尚和尚による一行で「弄花香満衣」です。「花」と言えばかつて日本では「梅」のことを指しましたので、2月頃から春先までお使いいただけます。
状態は綺麗でシミ、折れはありません。しおりと紙の外箱が付属です。

弄花香満衣:花(はな)を弄(ろう)すれば香(かおり)衣(ころも)に満(み)つ

花を摘んでいるといつの間にかその香りが衣に移りしみついているという春の情景

橋本紹尚

奈良県 禅僧

昭和37年(1962)、花園大学卒業。同年大徳寺専門道場にて掛塔。小田雪窓老師に師事。昭和40年(1965)柳生芳徳寺に帰り、昭和47年(1972)住職となる。

▲トップへ戻る