• 栗山園オンライン通販部はキャッシュレス・消費者還元事業登録店です。詳しくはこちらのリンクから。
※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 一行「関」 立花大亀

¥ 40,000 税込

商品コード: U-kz00457

数量

分類【出物】
作家立花大亀
書付
寸法全長185.5cm 幅30.8cm(軸先除く)
重さ
状態A- 全体的に良品だが若干のシミ有り
A 時代なり
検索用タグ掛軸 一行 立花大亀 京都(禅僧) 無季 年末 年末・正月特集 
未だ人気の大徳寺塔頭徳禅寺、立花大亀和尚筆で「関」一行です。全体的には綺麗な状態ですが、ところどころシミが浮いています。年代を考えるとやむを得ない範疇かと思います。
年末や年度末、卒業など物事の節目によく使われる文言です。迫力のある良い字だと思います。
若干痛みがありますが紙の外箱付きです。

関:関(かん)

関所、閉ざされた門のこと。出典はは碧巌録による。

立花大亀

大徳寺塔頭 徳禅寺

明治32年(1899)〜平成17年(2005)

大阪府堺市生まれ。大正10年(1922)堺の南宗寺にて得度。昭和6年(1931)大徳寺塔頭の徳禅寺の住職を務める。昭和47年(1972)、大徳寺山内に如意庵を再興する。

▲トップへ戻る