• 栗山園オンライン通販部はキャッシュレス・消費者還元事業登録店です。詳しくはこちらのリンクから。
※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 一行「閑座聴松風」 立花大亀

¥ 40,000 税込

商品コード: U-kz00377

数量

分類【出物】
作家立花大亀
書付
寸法全長172.5cm 幅31cm(軸先除く)
重さ
状態A- 若干のシミ、シワ有り
A- シミ多し
検索用タグ掛軸 一行 立花大亀 京都(大徳寺) 無季  
大徳寺塔頭徳禅寺の和尚だった立花大亀和尚の一行で「閑座聴松風」です。シワと薄いシミが若干有りますが、良い方の状態です。
季節を問わずにお使いいただけますので一本お持ちいただくと使い勝手の良い文言です。

閑座聴松風:閑座して松風を聴く(かんざしてしょうふうをきく)

しずかに坐ればただ松風の音ばかり。心が急いていれば気づかぬことのほうが多く、颯々と爽やかに吹く松風の音色は、聴く人の心までも洗い流すかのようである。ゆったりと静寂の中にあるさまを表す。

立花大亀

大徳寺塔頭 徳禅寺

明治32年(1899)〜平成17年(2005)

大阪府堺市生まれ。大正10年(1922)堺の南宗寺にて得度。昭和6年(1931)大徳寺塔頭の徳禅寺の住職を務める。昭和47年(1972)、大徳寺山内に如意庵を再興する。

▲トップへ戻る