※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 七宝文茶碗 伊東陶山 即中斎書付

¥ 120,000 税込

商品コード: U-tw00353

数量

分類【出物】
作家伊東陶山
書付即中斎書付
寸法直径12.7cm 高さ7.5cm
重さ244g
状態A 無傷完品
A 時代なり
検索用タグ茶碗 伊藤陶山 即中斎 京焼・京都(陶芸) 表千家 無季 七宝 
表千家13代即中斎の書付のついた伊東陶山作京焼七宝紋茶碗です。無傷完品の季節を問わずに使えるシンプルで綺麗なお茶碗です。
陶山の共箱は書付をもらう際に元々の共箱から外して板として残してあるタイプのものです。書付箱の底にピッタリ収まります。
表千家の方はお持ちなら何かの際に一つ組み込みやすいお茶碗であると思います。

伊東陶山

京都府 陶芸

弘化3年(1846)〜大正9年(1920)

京都粟田口に生まれる。3代高橋道八などに指導を受け、慶応3年(1867)祇園白川畔にて開窯した。京焼の改良を志し、本焼絵付の技法を完成させた。明治28年(1895)陶山と改名。明治29年(1896)京都市立陶磁器試験場と伝習所を開設。明治36年(1903)浅井忠や宮永東山らと陶器研究団体「遊陶園」を結成。京都陶芸界の発展に尽くした。大正6年(1917)帝室技芸員に列した。

▲トップへ戻る