※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 茶杓「つれづれ」 小野澤虎洞

¥ 30,000 税込

商品コード: U-ts00219

数量

分類【出物】
作家小野澤虎洞
書付
寸法全長18.5cm
重さ
状態A 無傷完品
A 美品
検索用タグ茶杓 小野澤虎洞 京都(大徳寺) 無季 
大徳寺塔中聚光院の小野澤虎洞和尚で「つれづれ」と銘のついた茶杓です。樋の深い造形が特徴的で節の部分の荒々しさが残っており、全体に迫力のある茶杓です。
「つれづれ」とは吉田兼好「徒然草」の徒然。なんとなく手持無沙汰なことを言うが、物事が長く続くことという意味もあります。状態も良くあまり使った跡もないのでおすすめのお茶杓です。

小野澤虎洞

大徳寺塔頭 聚光院

昭和17年(1942)〜

静岡県生まれ。昭和44年(1969)聚光院先住の小野澤寛海の弟子となる。平成2年(1990)聚光院住職に就任。

▲トップへ戻る