※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 萩熊川写茶碗 12代坂倉新兵衛 即中斎書付 30の内

¥ 300,000 税込

商品コード: U-tw00182

数量

分類【出物】
作家12代坂倉新兵衛
書付即中斎書付 30の内
寸法直径13.2cm 高さ8.6cm
重さ416g
状態A+ 無傷完品 美品
A 時代なり
検索用タグ茶碗 坂倉新兵衛 即中斎 山口  表千家 無季 
12代坂倉新兵衛作、萩の熊川写茶碗です。表千家13代即中斎の箱書があり、30の内と記されています。新兵衛が熊川の荒々しさを萩に写すことで落ち着きと上品さを加えており、味わい深い茶碗へと昇華させています。
手取りにしっかりとした重厚感があります。お席に重みを与えてくれるお茶碗だと思います。流儀のかたは是非ともお持ちくださいませ。

12代坂倉新兵衛

山口県 陶芸

12代:明治14年(1881)〜昭和35年(1960)

11代新兵衛の長男。明治30年(1897)若くして12代を継ぎ、9代坂高麗左衛門に萩焼を学ぶ。萩焼中興の祖と称される。

14代:大正6年(1917)〜昭和50年(1975)

12代新兵衛の三男。長兄の戦死(13代を追贈)により家業を継ぎ、父の死により14代を襲名。昭和47年(1972)山口県無形文化財保持者となる。

15代(当代):昭和24年(1949)〜

14代新兵衛の長男として生まれ、大学院卒業後父のもとで作陶を始める。昭和53年(1978)15代新兵衛を襲名。平成25年(2014)山口県無形文化財に認定。

▲トップへ戻る