※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 祥瑞腰ねち茶碗 宮川(真葛)香斎

¥ 0 税込

商品コード: U-tw01215

こちらの商品は成約済みにより欠品です
類似商品をお探しの場合には下記表内の検索用タグより類似タグをご覧くださいませ
トップページはこちら、お問い合わせはこちらです

分類【出物】
作家宮川(真葛)香斎
書付
寸法直径11.8cm 高さ8cm
重さ354g
状態A 無傷完品
A 時代なり
検索用タグ茶碗 宮川(真葛)香斎 京都(陶芸) 染付・祥瑞 無季 動画 
京焼を代表する宮川(真葛)香斎作で祥瑞腰ねち(捻)茶碗です。写真では分かりにくいかもしれませんが、胴紐の部分から下の捻ってある部分まできっちり造形された良い手のお茶碗です。絵付もしっかりしており見所の多いお茶碗と言えます。
無傷完品で使用感も無くきれいな状態です。共箱も時代なりで特に問題はないでしょう。作者の共布が付き、ダンボールの外箱に入っています。

宮川(真葛)香斎

京都府 陶芸

5代:大正11年(1922)〜平成28年(2016)

4代香斉の長女と結婚して宮川家に入る。4代香斉の元茶道具制作に専念し、昭和47年(1972)5代香斉を襲名する。

6代(当代):昭和19年(1944)〜

大学卒業後昭和51年(1976)より真葛窯に入り、5代香斉に師事して家業に従事する。平成14年(2002)6代香斉を襲名。