※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 掛軸 一行「水月倶悠々」 関牧翁

Buyee対応品

通常価格:¥ 20,000 税込

¥ 20,000 税込

商品コード: U-kz01205

数量

分類【出物】
作家関牧翁
書付
寸法全長205.5cm 幅37cm(軸先除く)
重さ
状態A- 下部に細かな折れあり
A 時代なり
検索用タグ掛軸 一行 関牧翁 京都(禅僧)  8月 9月 10月  
かつての天龍寺住職、関牧翁和尚による「水月倶悠々」一行です。今の一般的な茶掛仕立からすると大振りで立派な掛軸です。長さが30cmほど長めなので、低めの床や置床にはご留意ください。
本紙下部に細かな折れがありますが、シミはありません。共箱は色がついていますが、時代なりと言えるでしょう。

水月倶悠々:水月(すいげつ)倶(とも)に悠々(ゆうゆう)

水月とは水に写る月影。ゆったりした水面とそこに写る月の悠然とした様。

関牧翁

京都府 禅僧 天龍寺派管長

明治36年(1903)〜平成3年(1991)

群馬県に生まれる。天龍僧堂にて関精拙に師事。昭和21年(1946)から平成3年(1991)まで天龍寺派管長を務める。