※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 掛軸 一行「南無阿弥陀佛」 小林太玄

Buyee対応品

通常価格:¥ 18,000 税込

¥ 18,000 税込

商品コード: U-kz01133

数量

分類【出物】
作家小林太玄
書付
寸法全長175cm 幅31.5cm(軸先除く)
重さ
状態A- 小折れあり
A- シミあり
検索用タグ掛軸 一行 小林太玄 京都(禅僧) 無季 
人気の高い大徳寺塔頭黄梅院の小林太玄和尚筆で「南無阿弥陀佛」一行です。太玄和尚らしい迫力のある字体の掛軸です。仏事の茶事の他、お彼岸やお盆の時期等によく掛けられます。
下部に細かな折れが散見されますが、シミは無く状態としては良好な方かと思います。共箱は細かなシミがあります。

南無阿弥陀佛:南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

浄土教で本尊とする阿弥陀仏に絶対に帰依し称名念仏を礼拝する時に唱える文句。禅宗においても中国では元代後半以後は浄土信仰と融合し唱えられるようになった。

小林太玄

大徳寺塔頭 黄梅院

昭和13年(1938)〜

中国の奉天(現:瀋陽)に生まれる。6歳の時に両親を失って出家、花園大学を卒業後大津櫪堂のもとに参禅する。昭和50年(1975)より大徳寺塔頭黄梅院の住職を務める。