※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 一閑張爪紅丸折敷 五客 13代飛来一閑 16代飛来一閑極 【共箱無し、極箱のみ】

Buyee対応品

通常価格:¥ 30,000 税込

¥ 30,000 税込

商品コード: U-ot01109

数量

分類【出物】
作家13代飛来一閑
書付16代飛来一閑極
寸法直径30cm 高さ1.8cm
重さ一客約216g
状態B 全体として状態悪め、詳細は解説文にて
B 共箱なし、16代極め箱
検索用タグその他 折敷 飛来一閑 京都(陶芸以外) 一閑張 干菓子器 無季 懐石 
千家十職、飛来一閑の13代の作である一閑張爪紅丸折敷五客です。共箱はありませんが、当代である16代の極箱がついています。珍しい折敷であると言えます。丸膳としてのほか、干菓子器としても使えるのではないでしょうか。
状態は経年劣化と使用により全体的に良くはなく、写真では写りませんが五客全てに強めの使いスレが目立ちます。また全て反りが見られ、特に写真に示した一客はかなり目立ちます。その他一客直しがあります。前述の通りに共箱はなく、16代の極箱のみとなります。

13代飛来一閑

京都府 千家十職 一閑張細工

13代:安政6年(1859)〜大正2年(1913)

11代一閑の早逝した長男の子。

14代:明治27年(1894)〜昭和52年(1977)

13代一閑の長男。実子二人が戦死したため、後の15代一閑を養子に迎えた。

15代:大正13年(1924)〜昭和56年(1981)14代一閑の養子。養父没後に15代を継いだが、4年後に生涯を終えた。

16代(当代):昭和38年(1963)〜

15代一閑の長女。15代の没後に一閑張の技術を習得すべく修業を積み、昭和62年(1987)に表千家家元に初出仕、平成10年(1998)に16代を襲名した。