※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 桐つなぎ蒔絵金地大棗内梨子地 前端春斎

Buyee対応品

通常価格:¥ 50,000 税込

¥ 50,000 税込

商品コード: U-nt01029

数量

分類【出物】
作家前端春斎
書付
寸法直径7.9cm 高さ7.9cm
重さ84g
状態A- 小当たりあり 使いスレあり
A 時代なり
検索用タグ 前端春斎 石川 山中塗 無季  動画 
山中塗の作家、前端春斎作で桐つなぎ蒔絵金地大棗内梨子地です。金地の合口に桐の蒔絵が連なったとても豪勢な手のお棗です。華やいだお席に最適かと思います。
使用品ですので使いスレが散見される他、胴に一点当たりがあります。極小さいのですが、写真、動画でご確認ください。共箱は時代なりです。

前端春斎

石川県 漆芸

初代 前端春斎:生没年不明

2代 前端雅峯:昭和11年(1936)〜

初代春斎の長男として生まれる。12歳ころより蒔絵を学ぶ。昭和36年(1961)茶道具を塗師・村田道寛、加賀蒔絵を保谷美成に師事し、本格的に漆芸の道に進む。

3代 前端春斎:昭和39年(1964)〜

前端雅峯の長男として生まれる。父に師事し、保谷美成のもとで加賀蒔絵を学ぶ。昭和60年(1985)3代春斎を襲名。