※大きな画像左右ドラッグ(スマホ、タブレットはフリック)で画像送り、クリック(タッチ)で拡大
※ご使用環境により実際とは異なる印象に見える場合がございます ご了承ください

【出物】 紅銅建水菊唐草沈金彫 吉羽與兵衛

¥ 0 税込

商品コード: U-ks01025

こちらの商品は成約済みにより欠品です
類似商品をお探しの場合には下記表内の検索用タグより類似タグをご覧くださいませ
トップページはこちら、お問い合わせはこちらです

分類【出物】
作家吉羽與兵衛
書付
寸法直径14.6cm 高さ7.8cm
重さ460g
状態A- 使用感あり
A 時代なり
検索用タグ建水 吉羽與兵衛 京都(陶芸以外) 無季 動画 
釜師吉羽與兵衛作で紅銅建水菊唐草沈金彫です。紅銅に沈金の菊唐草、口縁が金、中が銀という華やかな手の建水となっています。
出物ですので使用感があり、中の銀と口縁の金に使いスレがあります。また、経年により銀の変色があります。共箱は時代なりです。作者の共布がついています。

吉羽與兵衛

京都府 釜師

初代:明治28年(1895)〜昭和61年(1986)

京都に生まれる。大西家13代浄長の門下に入って茶の湯釜の技法を学び、大正14年(1925)に別家を許され浄長より與兵衛の号を授かる。昭和47年(1972)に隠居し惣與を名乗った。

2代:昭和5年(1930)〜平成29年(2017)

京都に生まれ、父初代與兵衛に師事する。昭和47年(1972)2代目與兵衛を襲名。平成20年(2008)長男に柾人に代を譲り、2代目惣與を名乗った。

3代(当代):昭和43年(1968)〜

2代目の長男として生まれる。昭和60年(1985)に祖父、父のもと仕事場に入る。美術茶道具賞で修業の後、平成6年(1994)2代に師事して釜師の修行に入る。平成20年(2008)3代與兵衛を襲名。